膝痛・変形性膝関節症

あなたの膝痛チェック!!

  • 歩き出しが痛い。
  • 膝の内側が痛い。
  • スポーツを良くする。
  • 太ももの筋肉が痩せてきた。
  • 成長期だ。
  • 最近体重が増加した。
  • 最近スポーツを始めた。

これらは膝に負担がかかるものになります。
あてはまるものがあり、少しでも痛みを感じるようでしたら注意が必要です。

変形性膝関節症

変形性膝関節症

変形性膝関節症とは、膝関節のクッションである軟骨のすり減りや筋力の低下が要因となり、膝の関節に炎症が起きたり、関節が変形したりして痛みが生じる病気です。
中高年の方に多い病気ですが、とりわけ女性に多く、 50歳以降になるにつれて患者さんの数が増えていきます。
発病初期は痛みがすぐに治まったり、痛みがあっても年のせいだとあきらめたりして病院を訪れる人が少ないのが現状です。
一度発病したら若いころのような膝に戻すことはできませんが、適切な治療を受ければ症状の進行を遅らせることで、普通に日常生活を送ることができます。
痛みを我慢することや、年だからとあきらめたりする前に変形性膝関節症の正しい知識、正しい治療を受けましょう!

オスグット

オスグット

オスグット病とは、小学校高学年から中学生の発育期にスポーツのやりすぎによっておこる膝の痛みです。
実際には膝関節ではなくその少し下の脛骨粗面 という場所に痛みが出ます。

スポーツで、飛んだり跳ねたり走りすぎたり、ボールを蹴る動作を繰り返したりすることにより、脛骨粗面 に付着した膝蓋靭帯が、脛骨の骨端軟骨を剥がし剥離骨折をおこしたものです。
膝周辺のスポーツ障害のなかでは常に1番2番を争うほど発症頻度の高い病気です。

膝蓋軟骨軟化症

膝の前方部分に痛みを出す疾患です。
スポーツによる膝への過度の負荷や軽微な外傷が影響していることが多いですが、はっきりした原因のないこともあります。女性に多くみられます。
症状は、階段昇降での痛み、とくに下降するときの痛み、歩行のさいの膝折れです。また、安静時に痛みがみられることもあります。
原因は膝蓋骨軟骨の軟化、膨隆、ささくれ、大腿四頭筋の硬さなどです。
治療は、膝蓋骨を安定させるサポーターや大腿四頭筋の筋力強化・ストレッチが重要です。