交通事故 基礎知識編

交通事故治療は当院へ

交通事故での、治療は他の治療とは異なり、事故による治療費用の請求、相手との対応、損害賠償、後遺症認定などさまざま対応をしなければいけません。これらを解決するためには専門知識のある人に相談するのが一番です。ただ、なかなか専門知識のある方がそばにいないのも実情です。
そこで、当院では専門スタッフが、治療だけでなく事故後の対応のサポートもさせていただきます。

ph1
事故の無料相談受付中

交通事故治療の途中で保険会社から
「治療の打ち切り」、「健康保険への切り替え」などを言われた事はありませんか?
そのような嫌な思いをせず、安心して治療を続ける為に交通事故対応の専門のベテランの行政書士の方を
ご紹介いたします。
保険会社の対応に納得いかない場合はご相談下さい。

○こんな症状でお悩みではありませんか?

  • ムチウチで悩んでいる
  • 事故直後は何ともなかったが後から辛くなってきた
  • 手足の痺れがなかなか改善してこない
  • 頭痛・めまい・耳鳴り・吐き気・視力障害・首が回らないなど
  • 見た目は健康なので、ムチウチの辛さを理解してもらえない
  • レントゲンでは写らない筋肉や軟部組織の痛み、つらさ

交通事故治療開始までの流れもし事故に遭ってしまったら…

step1

加害車両の確認

加害者の運転免許証、車検証、保険証などを見せてもらいメモをし、連絡先なども聞いておきます。
目撃者がいる場合には、連絡先を聞いておきます。
できれば、自分の車両の被害状況、相手車の被害状況の写真を撮っておきましょう。

▼
step2

警察に連絡

届出をしないと警察の介入がないので、被害者になにかと不利になる場合があります。
加害者に警察に届出ないように言われても応じてはいけません。 必ず警察を呼んで現場検証をしてもらってください。

▼
step3

保険会社へ連絡

事故発生時には直ちに事故の日時・場所・内容を保険会社に連絡してもらいます。
任意保険の約款には、事故後60日以内に事故の報告がない場合は、原則として保険金は支払わないと定められていますので、できるだけ早く保険会社に連絡してもらってください。

▼
step4

病院の診察

たとえ軽傷でも必ず病院の診察を受けるようにしましょう。
これはとても大事なことです。相談事例では、事故後すぐに病院へ行かなかっために、自賠責保険が支払われないことがあります。
事故後、おおよそ2週間以上経過した事案については、事故との因果関係が認められないことが多いようです。
また、仕事が忙しかったから病院に行けなかったというのは、自賠責保険では理由として認めてくれません。
病院で受診した際は、少しでも痛いところは全て言っておきましょう。 また、CT、MRIなどの綿密な 検査も受けましょう。

▼
step5

みんなの整骨院を受診

病院ではなかなか納得行く治療をしてもらえないケースが多いようです。
みんなの整骨院では患者さんが納得していただけるような交通事故治療を行なっております。
仕事で帰りが遅いくても夜8時まで受付していますので安心です。 受診する際は保険会社に「みんなの整骨院」に通うと電話をしてください。

慰謝料編

交通事故で人身傷害を負われた被害者の一番の願いは、
「事故に合う前の体に戻してほしい。」
ということだと思います。
しかし、日本の法律では、交通事故によって被った損害は金銭による賠償が原則です。
ですので、事故によってやむおえず、医療機関を受診された際に発生した医療費を保険会社に請求をすることができます。

illust2

賠償できる損害は大きく分けて3つに分けることができます。

積極損額

交通事故により、出費をしなくてはいけなくなった時に発生する障害のことです。
(治療費、通院交通費、付添看護費、義肢等の費用、診断書作成費、弁護士費用)など。

消極損害

事故に遭わなければ得ることができた収入が事故によって失われてしまった部分のことです。
(休業損害や逸失利益)など

慰謝料

事故によって被った入通院による精神的、肉体的な苦痛に対して支払われる賠償金のことです。
もしも被害者が死亡した場合には遺族に対しても支払われます。
(通院日数によって支払われる金額が異なりますので痛みがある場合はできるだけ通院してください。)

otoiawase

bt1

tel