腰痛・ぎっくり腰・椎間板症

あなたの腰痛チェック!!

  • 重いものを良く持つ。
  • 中腰になることが多い。
  • 革靴を良く履く。
  • パソコンを長時間する。
  • 寝るのが大好き。(長時間)
  • 最近体重が増加した。
  • 車の運転を良くする。
  • 最近急激な運動を始めた。
  • 逆に全く運動しない。
  • 腰を捻る動作を良くする。

これらは腰に負担がかかるものになります。
あてはまるものがあり、少しでも痛みを感じるようでしたら注意が必要です。

ぎっくり腰

ぎっくり腰

ぎっくり腰は『急性腰痛』『椎間捻挫』とも呼ばれ、いきなりグキっという衝撃と共に、腰が強烈な激痛に襲われるものです。
原因は様々で、ぎっくり腰になる人の数だけ原因があると考えた方がいいでしょう。

どうしてぎっくり腰になったのか?その原因を詳しく調べ、治療をしない限り繰り返しぎっくり腰を起こしてしまいます。

椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニアにはシビレがつきものですが、シビレの正体は何なのでしょうか?
椎間板ヘルニアは、椎間板の中身が飛び出し、脊椎の神経を圧迫するためにシビレが起こります。
シビレの範囲は神経が圧迫されている部分によって異なります。
脊髄の神経には、背骨を横断する脊髄中枢神経という神経の幹と、脊髄中枢神経から枝分かれして、身体の各末梢に走っている抹消神経があります。
斜め後方に椎間板の中身が飛び出し、左右の末梢神経のどちらかを圧迫した場合には、その末梢神経が支配している方向の部分がシビレます。
椎間板ヘルニア=腰というイメージがありますが首にも起こる疾患です。

脊柱管狭窄症

脊柱管は背骨にある脊髄中枢神経の通り道のことを言います。
背骨が正常な形をしていればなんの問題もありませんが、背骨が歪んでいると、その場所は狭くなってしまい、神経を圧迫して腰痛や痺れを引き起こします。
この状態が、脊柱管狭窄症と呼ばれるものです。 脊柱管狭窄症での典型的な症状として間欠的跛行(歩くと足の痛み、痺れが強くなり、座っていると軽快する)症状が出ます。
幅広い年代に起こりうる病気ですが、50~70代に多く発症する傾向が見られます。